hidamari-1.jpg



”R ”という名のその喫茶店は駅から私の大学へ行くまでの
メインストリートに面し、脇道へ入るその角地にありました。
ガラス張りでカウンターがメインで、6〜7人も入れば一杯に
なる様な小さな店でした。

私が大学の3年の頃に出来た店で、その頃は私にも行き付けの
店が何軒かあったので、しばらくは入る事も無く前を通るだけ
でした。


ある日の事、その店の前を通ると中に知りあいの女子がいました。
カウンターに座っていた彼女は外を行く私に気づくと中で手を振り、
”入ってくれば..。”みたいな仕草をしていました。

水上スキー部でみんなからチャコと呼ばれていたその女子は、
ショートカットで日焼けしていて、化粧っ気も無いのにとても
カワイイ子でした。


そしてその時初めて私は、そのRという店に入ったのでした。

hidamari-7.jpg


「よォー、チャコ。調子はどうよ。」
「まあまあかナ..。」
こんな挨拶を交わしながら私は彼女の隣のカウンター席に座りました。


「いらっしゃいませ..。」
カウンターの中から私の前に優しく水を出してくれたのが、そのR
のママでした。


私より10歳位年上と思われるママは、決して派手では無いけれど、
清潔感と透明感のある、控えめなとても綺麗な人でした。
私はコーヒーを注文し、
「チャコはこの店良く来てるの?」と聞くと、
「うん。結構ネ...。」ママと顔を見合わせ二人で頬笑みました。
「そうかァ..。」
「あのさ、○○君(わたしの名字)、このママの名字、○○君と
同じなんだよ。」
「あッ、そうなんスか..。」私はママの方を向いて聞いてみると、
彼女はとてもやさしく、
「ハイッ、...。」と答えたのです。

私はその時のそれだけのやりとりで、なんだかホンワカした気分に
なったのを今でも思い出すのです。
”優しそうで、素敵な人だなァ...。”
きっと大人の女性に対する憧れとか、いろいろな感情が入り乱れ、
その一瞬でもうすでに好意を持ってしまったのだと思います。


まあ私もその当時は20歳位の血気盛んな時期でしたので、勿論
彼女もおりましたし、その他の女子とも良く遊んでいた頃でした。

それでもそんな私がそのママに対してだけは、やましい気持ちなど
一切起きる事無く、ただ顔を見ていたい、話がしたいという気持ち
だけで、それからは一日に一回は店に顔を出す様になりました。


小さなその店はガラス張りのおかげで、明るくて日当たりが良く、
ドアを一歩入ると周りの雑踏がウソの様に静かで、ラジオのFMの
音だけが小さく流れていて、カウンターの中でママが静かに本を
読んでいる、まるで日だまりの中のような、そんな店でした。

hidamari-6.jpg



私が試験の時期にコーヒー一杯でカウンターに本を広げ、やりたくも
無い勉強をしていた時なども、ママが黙って厚切りのバタートースト
を出してくれたりして、私はますます大人のママに惹かれて行きました。


そんな素敵な人がママの店ですから、私だけがそんなふうになっている
訳では無く、友人達のだんだんその店に通う様になりました。
とはいえ、6〜7人も入れば一杯になる店でしたから、入れない事も
しばしばありました。
友人の中にはママに差し入れやプレゼントをするとんでもない奴も
現われ、私も”こうしちゃいられない、何とか一歩ぬけださなくては..。”
といろいろ気を使って差し入れしたりしたものでした。


ある日私はカウンターの端の白い壁に、私の神宮球場での写真を
「ママ、これ貼ってもいい?」と図々しくも聞いてみると、
「ええ、いいわよ。」とママ。
”ようしっ、やったぜ。これで一歩抜け出したゼィ。”
私は写真を貼りました。
「イイ写真ね。カッコイイー..。」とママ。
「そッ、そッ、そうかな...。」もう私は有頂天でした。

hidamari-2.jpg


ところが2〜3日ちょっと間を開けて店に行ってみると、なんとその壁
一杯に他の運動部の連中の活躍している写真が貼られているではありませんか。
”うわー、なんだよコレー..。”
「ママ、これってどうしたの。」
「みんなも貼らしてくれ、って言うもんだから...。そしたらこんなに
なっちゃって...。」
”マジかよ.、俺だけだと思ってたのに.。”ちょっとガッカリしていた私に
「でも○○さん(私の名字)の写真が真ん中だから...。」と、優しくママが
言ってくれたのが本当に嬉しかったのを私は今でも思い出すのです。


まあそんな事があったりして、何日かたって私が昼食を食べに学食へ行くと
チャコが何人かの女子と食事をしていました。
私はいつもの様に、
「よ〜、チャコ今日も可愛いネ、調子はどうよ。」と聞くと
「まあまあかナ..。」いつもの様に答えました。

hidamari-5.jpg



「チャコはRのママと親しいの?」昼食をとりながら私が聞くと、
「う〜ん、少しネ...。」
「あの人はどういう人なの?」わたしが重ねて聞くと
「私もこないだ聞いたばかりなんだけど、なんか旦那さんと別れて、あの店
出したらしいヨ。それ以外はあんまり良く分かんないけど...。」
「...そうなんだ...。」
その話を聞いた時、あの優しい笑顔の陰にきっといろんな事があったんだろうな
という事はまだガキだった私にも分かり、何だかちょっとショックでした。
「そうかァ..。でも全然そんな感じしないよネ。いつも優しいし、笑顔だし..。」
「そうだよネェ..。」


この様に私達にとって心の拠り所の様な店でしたが、月日はアッという間に
過ぎ、私達も卒業になりました。我々みんながお世話になったママとの
別れでもありました。
「ママ...。卒業しても来るからネ...。」


その後私達が卒業して2年位してRは店を閉めたと風の便りに聞きました。
”やっぱりあれじゃ儲からないよなあ..。又、苦労を背負い込んじゃったの
かも知れないなァ...。”

hidamari-4.jpg




そんな記憶も薄れかけた、卒業後5年程たって私達の同期の運動部の同窓会が
ありました。会も盛り上がり最後に全員で締めの校歌と応援歌を歌うちょっと
前でした。例のチャコがみんなの前で言ったのです。

「今日はみんながお世話になったRのママが来て下さってます!」

”えッ、ほんとに..。”
会場の端っこにママが恥ずかしそうに立っていました。
「オォー。」ほとんどの奴らが声を上げました。みんな世話になった奴ばかり
でしたから...。

それから又、ママを囲んでのひと時は懐かしさから大盛り上がりでした。


「あの...、これ....。」ひとしきりたってみんなが落ち着いた時、ママが一冊の
アルバムをカバンの中から出しました。
中を開いてみると、なんとあの店にみんなが先を争って貼った懐かしい写真が
綺麗にファイルされ貼られていたのです。
「あァ...、こんな写真を大事にしてくれてたんだ....。」
「だって..、これは私の大切な思い出だもん...。」ママが遠くをみる様にいいました。
何かみんな言葉を失い、涙ぐんでる奴もいました。

”..やっぱり優しい人だナァ...。”
私も胸が熱くなり、涙がこぼれました。

hidamari-3.jpg




いろいろ思い出はあるけれど、私とは結局、個人的には深い関係では無かったけど、
私にとって数少ない学生時代の純愛だったなあ、と思っています。

今、思い出してもその笑顔が浮かんで来て、心が温かくなってしまう様な人だったから...。

今はどうしているんだろうなァ....。

2月3日の今日は"節分"ですが、みなさんは

豆まき派ですか?
s2.3-1.jpg



恵方巻き派ですか?
s2.3-2.jpg



ほとんどの人は、豆まきをして、投げた豆を年の数食べる!

余った豆も食べる!

という感じではないですか?

なんと最近は豆腐でも代用できるようです。(一丁およそ380粒!)

子供のときは「食べ物を投げる」という行為が唯一正当化されたイベントで、
キャッキャウフフと鬼役の大人に投げつけて楽しんだものです。
ついでに、友達にも全力で投げつけて泣かせたのも
いい思い出です。(´ー`).oO

s2.3-3.jpg


ちなみに、
節分の起源はとても古く、706年に邪気(鬼)を祓う行事としてスタート!
しだいに、室町時代に使用されていた「桃の枝」への信仰にかわって、
炒った豆で鬼を追い払う行事となって行き!

ついに!1447年に「鬼外福内」と唱えられるようになった!

これが『節分における豆まきの意味』ということらしいです。


ちゃんと歴史のある文化なんですね。....〆(・ω・` )メモメモ


一方そのころ「恵方巻き」は、ファミリーマートが販売促進運動として
1983年に大阪と兵庫で始め、1989年にセブンイレブンが全国展開させた。
(前後省略)

うまく便乗させましたねー。

s2.3-4.jpg

まぁ正直、豆よりも恵方巻きの方が美味しくて好きです。
それでは。(南南東を向きながら。)

新人スタッフ:Watariでした。




「THE RUGGED MUSEUM ラギッドミュージアム」1月の時計達!


こんにちは。

ラギッドミュージアム担当の『Sugi☆』です!


先日までの、

【2011’ RUGGED MUSEUM 初売り.SALE】
1/8(金)〜 1/10(祝月)の3日間


ご来店頂いた方々、本当にありがとうございました m(__)m

“掘り出し物”はあったでしょうか!?

さて、、、「Free & Easy」誌面にて毎号紹介させて頂いております、

“今月の1本” のコーナーでは、

ファッションから時計を! 
時計からファッションを!!  

と言う事で、今月号では “DAD'S STYLE” のアイテム
として提案しております!

題して、
『ラギッド.スタイリング』です(^^)/




今月は、、、ユル武装に合わせたスタイリングになっています。
(Free & Easy 3月号.P187)

いかがでしょうか!

参考にしてみて下さい♪

--------------------------------------------------------------
◎「ラギットミュージアム」←ホームページはこちらからどーぞ!

「アクセスマップ」はこちらから


※商品についてのお問い合わせは「スイートロード」でも
受け付けておりますのでお気軽にご連絡下さい。
(株)スイートロード  TEL044-544-8177
--------------------------------------------------------------





こんにちは、スイートロードの野村です。

今年もはや1ヶ月が過ぎようとしています。

昨年の年末に自宅の大掃除をしていた時に、
ずっと探していた時計が発掘されました。
時計のケースとケースの間に隠れていました。
奥さんから隠す為か?
記憶も定かではありませんが懐かしく(買ったのは20年位前です。)
大掃除も忘れてしまいました。





発見時は革ベルトはボロボロで風防は外れかかり
(冬はプラスチックが収縮して外れ易い物です)
ケースは変色してみすぼらしくなっていました。
ここ5〜6年は見かけていなかったので当然ですが、
使っていないとケースが金灼けして変色してしまいます。
革ベルトはカビこそありませんでしたが、腐っていました。
早速革ベルトを外してケースを磨き、ゼンマイを巻き上げテスト、
新年には革ベルトを取付け風防をコーティングして固定、
写真の様に復活しました。
本来は分解掃除をしなければいけませんが、調子良く動いています。
今年は時計を買わずに「メンテナンスにお金を」と思っています。

この辺の角金だとスイートロードでは、
基本の分解掃除で12,000円(税別)で出来ます。
ちゃんと動いてる内ならこの金額で殆どの場合問題有りません。
油の寿命は3年位です。
動いている内に出しましょう。



ちなみに角型はこの時計が初めてで、
金張りの時計もこれが初めてでした。
18〜19歳だったと思いますがなんてセンスが良いのでしょう!自画自賛!

アメリカンウォッチも格好良いなぁと思いますし、
金額(買った時保証無しで3万円位?)ではなく
『良いものは良い』と思わせてくれる時計です。




金額では無く良いアンティークウォッチを探してみて下さい。


======================

◎店舗案内は下記をご覧下さい。

『店舗案内』です。


◎サイト内

「野村店長おすすめスペシャルウォッチ」です。


======================

MHR/マハラ スパルビエロ ピンク/ローズダイヤル

こんな雰囲気の時計も良いのではないでしょうか?

年式はそれほど古くはありませんが、15年ぐらい前の時計です。

生まれた子供が中学2年生になってしまうほどの年月です。

縦44mm/横37mm(リューズ除く)の程よい大きさと

サーモンピンクのダイヤルがいい感じの雰囲気を出しています。

幅広のベゼル・太いラグ足、独特なデザインがオススメです。

アンティークも良いですが、




「ヴィンテージウォッチ」(年式は浅いが製造中止モデル)も

良い雰囲気を出し始めている商品がたくさん有ります。

スイートロードの『andy』でした。


======================

◎店舗案内は下記をご覧下さい。

『店舗案内』です。


◎サイト内「海外ブランド」

『MHR/マハラ スパルビエロ』です。


======================














お支払い方法、送料などについて
ページトップへ