4.1ts.jpg


こんにちは、スイートロードの野村です。

本日も機械式時計の魅力について書きたいと思います。

ひと口に機械式の魅力といっても色々ありますが、

まず長く使えるという事ではないでしょうか。

昔は機械式しか無く(クォーツは1969年発売です)

当然皆さん機械式を使っていた訳です。

腕時計は20世紀前半から長い間ステイタスシンボルでしたが、

1970年代後半からクォーツの時計が大量生産され使い捨ての文化に変わって行きます。

それ以前の腕時計文化では使い捨ての物ではなく修理をして使って行く物でした。

昔は近所に必ず修理の出来る時計屋さんがありましたが、

クォーツの浸透と共に電池交換しか出来なくなり年々少なくなってしまいました。

当店では時計職人が常駐していますので昔同様に修理して使い続ける事が出来ます。

1980年代、1990年代の使い捨て時代からエコが叫ばれる時代に変わりました。





地球温暖化の為にも機械式時計は如何でしょうか?

話が大分ズレましたが、気に入った物を大切に、長く愛用出来ます。

当然、私も手巻き、自動巻の時計を20年位使っていますが、

修理不能になった物は1本もありません。

他のお店で買った物もありますが、すべてスイートロードで修理しています。

そうなんです。

スイートロードでは他店で購入の腕時計の修理も承っております。

長くなりましたが今回いろんなバリエーションで

時計を用意致しましたので是非ともご覧下さい。




春の新企画!

「春の機械式時計入門特集」← こちらからご覧下さい。

rt.jpg



「THE RUGGED MUSEUM ラギッドミュージアム」今月の時計達!


ラギッドミュージアム担当の「sugi☆」です。

今月の「ラギッドミュージアム」ウォッチコーナー

商品追加情報です。



今月もラギッドな時計達を追加補充させて頂きました。

ぜひ、ご覧下さい。


こちらの掲載商品は、「ラギットミュージアム」にて展示販売させて頂いております。


◎「ラギットミュージアム」←ホームページはこちらからどーぞ!

「アクセスマップ」はこちらから




※商品についてのお問い合わせは「スイートロード」でも受け付けておりますので
お気軽にご連絡下さい。

(株)スイートロード  TEL044-544-81177





今月おすすめの1本 =============================================








<商品名>【MIDO】【ミドー】【マルチフォート】希少 ティアドロップラグ 1950年代製 自動巻 アンティーク(Antique watch) 


<おすすめポイント>

ミラーブラックのダイヤルにゴールド色のアップライトバーインデックス。 同じく金色の長短針で、男臭さ抜群の“マルチフォート”です。 
このモデルは小振りなサイズのハーフローター自動巻が多い中、大きめの全回転式自動巻はティアドロップラグと共に大変希少です。


===============================================================



--------------------------------------------------------------




<商品名>【ROLEX】【ロレックス】【サブマリーナ:5513】ドーム型風防 1977-78年代製 自動巻 アンティーク(Antique watch) 

<製造年代>1977-78年代製

<おすすめポイント>

ご存知“ROLEX”のロングラン定番のサブマリーナ、Ref.5513です。 マットブラックのダイヤルにドットとバーのコンビネーションインデックスがシンプルで、
丸みのあるドーム風防がさらに“サブ”の良さを引き立たせています。 ブレスのモデルにあえて、レザーストラップを合わせる事で、又違った味のある時計に
仕上がっています。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------




<商品名>【OMEGA】【オメガ】【ポーセリンダイヤル】 瀬戸文字盤 1930年代製 手巻き デニソンケース アンティーク(Antique watch) 

<製造年代>1930年代製

<おすすめポイント>

クッション型の金張りデニソンケースに白ポーセリン(瀬戸びき)ダイヤル。 青焼きのコブラタイプの長短針とスモセコ秒針。 若干のクラックはあるものの、
ワイヤーラグなど、アンティークの良さがたくさん詰まった1930年代のオメガです。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------






<商品名>【WALTHAM】【ウォルサム】【ハンターケース グリッド付き(パラシュート部隊型)】  1930年代製 手巻き 裏蓋スケルトン アンティーク(Antique watch) 

<製造年代>1930年代製

<おすすめポイント>

1920-30年代の腕時計創成期に懐中時計を加工して作られた、ウォルサムのハンターケースです。  高価だった腕時計の風防を保護するために作られたグリッドは、
ワイヤーラグと共に今では希少品となっています。 (第一次大戦中で、パラシュート部隊が風防が割れたりする事を防ぐために付けられた) 裏蓋はカスタムされ、
スケルトンになっており、中の機械の動きが確認できます。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------




<商品名>【LORD ELGIN】【ロードエルジン】【K14YG】 角金 フレキシブルラグ1940年代製 手巻き アンティーク(Antique watch) 

<製造年代>1940年代製

<おすすめポイント>


1940年代製、ロードエルジン。 14金無垢の角型ドレスウォッチです。 ロードエルジン(LOAD ELGIN)はエルジン(ELGIN)の中でも最高級機種に
位置する時計です。 アップライトの飛びローマン数字に、スモセコ、バトンハンドルの組み合わせが大変上品で、シンプルな1本です。

--------------------------------------------------------------



※商品についてのお問い合わせは「スイートロード」でも受け付けておりますので
お気軽にご連絡下さい。

(株)スイートロード  TEL044-544-81177

 

--------------------------------------------------------------














 

ts.jpg



こんにちは、スイートロードの野村です。

すかっり春らしくなって来ました。

春は新しい事を始める良い機会です。

機会といえば、スイートロードは機械式時計専門店です。

最近の若い人は(この言葉を使う時に自分の歳を感じます。)

腕時計を身に付けない人が増えている様です。

「携帯電話で時間が確認出来るので腕時計はいらない」確かにその通りですが、

社会人としては携帯で時間を確認している仕草は格好良くありません。

そこでやはり腕時計の登場です。

でもどうせ腕時計をするなら少し拘りが欲しい所です。

それが機械式時計なのです。

機械式時計って何?というとゼンマイ時計の事です。


この便利な世の中で、今更何故ゼンマイ時計かというと

不便だからいいのです。

手巻きの時計は一日に1回巻かないと止まってしまいますが、

1日1回時計と対話が出来ます。

又、機械式時計は使い捨ての物ではありません。

分解掃除を行う事により何十年と使う事が出来る

「人生の相棒」に成りうる存在です。

自分で書いていて病気じゃないかと思いますが、

不思議な魅力が機械式時計にはあります。

今回はそんな機械式時計の入門に最適な腕時計を

ピックアップしてみました。

「シンプルで長く使える」「格好良くて手頃」等を

キーワードにスタッフがチョイスしましたので

是非入門者の方も既に病気の方もお楽しみ下さい。





春の新企画!

「春の機械式時計入門特集」← こちらからご覧下さい。

















tateme.b.f.jpg


このブログでも何回も書いておりますが、自他共に認める古い物好きの私はアンティークの時計、ライター等の他に旧いクルマも大好きです。

旧いクルマは当然の事ながら、最新のテクノロジーを駆使した現代車両より劣り、故障はするし、止まるし、燃費も悪かったりする訳ですが、そのスタイリングや雰囲気にどうしても惹かれてしまうのです。しかしながらこの微妙な男心はなかなか女性や子供には理解されないのが現実です。


それは20数年前の6月のある日の事です。当時、銀座のM百貨店の販売をしていたA子と6時30分にSONYビルの前で待ち合わせ食事に行った時の話です。
その日はA子と二度目のデートということもあり、“今日は絶対決めるゼ!”と私は朝から相当気合い入っておりました。愛車の1970年式の280SEの旧いメルセデスもその日の為にエンジン関係はもちろん、暑い時には効きの悪いエアコンも完璧に仕上げ、外回りもシュアラスターの一番高いワックスでビカビカに磨き上げておりました。そしてその日は横浜まで食事に行く予定でしたので、カセットテープのミキシングを駆使し、ユーミンと山下達郎の曲をフェードインフェードアウトで編集しその間に波の音まで入れるという手の込んだテープも完成していました。
 ”よ〜し、これで今日はカンペキだろう!横羽線に入ったらこのテープをかけて、っと.........。”
もう頭の中一杯に妄想をふくらませ、ついでに下半身もふくらませておりました。

kasetdeki.jpg

当時私が勤めていた日本橋の会社を6時ちょうどに飛び出し、SONYビルの前に着いたのは6時20分でした。A子はまだ来ていない様でしたので、私はSONYビルの斜め前あたりにクルマを止めました。銀座の街を行く人達からの、このクルマに対する熱い視線が痛いくらいに私に突き刺さり、しばしイイ気になっておりました。


                  ”カンペキだろう!”


5分位たったでしょうか、私がイイ気になっていた所へA子が満面の笑みを浮かべ、助手席に飛び込んで来ました。26〜7歳で身長が165cm位ある細身のA子は私の好きなミニスカート姿でした。
 「ゴメ〜ン。待った....?」
 「ううん、俺もちょっと前にきたとこだよ。」


                  ”カンペキだろう!”


ginzasony.jpg

クルマをスタートさせ、わりとすいていた銀座の道をすり抜け首都高の東銀座の入り口を目指しました。エアコンはバッチリ効いています。すでに待ちきれずにテープもかけ、A子の方を見るとこれまた上機嫌でテープの曲に合わせて小さく口ずさんでおりました。


                  ”カンペキだろう!”


首都高の横羽線に入る所あたりでA子が私に言いました。
  「風が気持ち良さそうだから、窓開けてもいい?」
  「ああ...、いいよ....。」
私は余裕かましながらパワーウインドーのスイッチを下げ、助手席の窓を開けました。
  「うあー、気持ちいいー!」
さらにA子のテンションが上がっているのが手にとる様にわかりました。この時の室内は最高に盛り上がり至福の空間になっておりました。テープからはユーミンの「埠頭を渡る風」が流れ、二人で口ずさみながら横浜へと向かいました。
yokohane.jpg


  「あれっ、雨降って来たヨ。...この窓どうやって閉めるの?」とA子。
  「OK!今閉めてあげるよ。」と私。
カチッ、カチッ。.....閉まりません......。
   ”アレッ、ウソだろう、動かねえよ。マ〜ジかよ。”
あれ程クルマを仕上げたのに意表をつくパワーウインドーの故障です。
夕方のにわか雨とは思うものの、窓が開いたまま高速を走っている訳ですから、A子はもうすでに相当濡れております。
    ”うわー、どうしよう.....、”
rain-1.jpg
rain-2.jpg



  「早く、閉めてよ〜!!」A子が叫び、
  「イ,イヤ、チョ、チョ、チョットまって.....、な、なんか、ヒュ、ヒューズが飛んだみたいで.........。」しどろもどろの私。
  「エエッー。どうすんのよー!!!!」


とりあえず、浜川崎の出口で高速降りて、どっかに止めて、ヒューズを直して......。それから.....。    私のモゴモゴした説明にA子は無言で前を見ていました。
夕立の様な雨だったので、4〜5分で雨は止みましたが、助手席のA子はビショ濡れでした。
  「雨、上がって良かったネ....。」私はおそるおそる言いました。
  「........................。」無言のA子。
      ”うわー、怒ってるよー。”
それでも私が取り繕うかの様に、つとめて明るく
  「今日は何食べようっか?」と言い終わらぬうちに、
  「....帰る!!」完全に怒った口調のA子。
  「エエーッ、マジでー、......そうかー.....。」

浜川崎で高速降りて、最寄りのJR鶴見駅まで送るよ、というわたしの言葉をA子は無言で聞いていました。鶴見駅までの室内で私は彼女に謝り続けましたが、とうとう最後まで口をきいてくれませんでした。その時の室内の空気はさっきとはうって変わって私には地獄の様でした。
turumi.jpg

鶴見駅に着くと彼女はクルマが止まると同時にそそくさと降り、そのまま一度も振り返りもせずに人ごみに消えて行きました。
私はその場でヒューズを直し、ションボリしながら自宅へ向かいました。そしてその時、ほんの数時間前まで妄想で胸と下半身をふくらませていた自分がなんだかホントに情けなくなり、落ち込んだ次第でありました。それでも私は、けなげに走る愛車に向かって   ”お前のせいじゃないよ。”とつぶやきました。
tateme.b.b.jpg


とまあ、こんな話は旧車乗りにはよくある事です(泣)。こういう経験を乗り越えないと旧いクルマには乗ってはいけないのです(泣)。

エピソード 1 はこれで終わりますが、エピソード 2〜3の悲惨さはこんな物ではありません。又、機会があったら書かせて頂きます。乞うご期待!  

toy.jpg

「フィギアが好きなんです。」なんていうセリフを口にしようものなら、ちょっとマニアな人?とか、

オタクの人なのね、なんて思われて、相手の女性には一歩から三歩ぐらいススッと引かれてしまったりします。

いやー、困ったものです。


フィギアだっていろんな種類があり、それぞれが相当奥が深いシロモノなのです。AKB系のコミック系は私には

無理ですが、感情移入の出来る映画や古いアメリカのコミックのヒーロー物、そして中にはアメリカの歴史を作った

偉人達のフィギアもあったりして、出会った瞬間に欲しくなる物が結構あります。


細部にいたるまでリアルに良く出来ていて、その映画や物語が頭の中いっぱいに甦ってくる様な物や、「これが本当に

あの主人公かよ〜。」と首をかしげたくなる物や、「いったいどこが似てんのヨ〜。」とツッコミ入れたくなる様な

ヘナチョコのシロモノまで、いろいろあるけどソソられ方は千差万別です。


これらのフィギアの多くは子供向けに作られたTOYということもあり、しゃべったり光ったりするギミックのきいた

物も多々あり、まあそれはそれで楽しいもんなのです。


mr.p.jpg
<MR.ピーナッツ>
このミスター ピーナッツは「プランターズ.ナッツ.エンド.チョコレート.カンパニー」のキャラクター。
イタリア人の少年がアメリカに渡って大成功を収めるアメリカンドリームの象徴のフィギア。
このキャラクターは1916年に誕生した。超希少品。

benjyamin.jpg
<ベンジャミン>
ベンジャミン フランクリン。彼の偉業は小学生でもご存知の通り。それよりこのメガネや、洋服、靴の色や形
のバランス。引き付けられます。私、これ欲しいです。

E.T.jpg
<ET>
高度な知能を持った宇宙人といわれても、夜道で出会いたくないタイプ。でも優しい映画だったなァ。

miky.jpg
<ミッキー>
ご存知ミッキーマウスのトーキングマシン。早口の英語で何言ってるのかわからないけど、子供に見せたら
リアリティー持つんだろうなぁ。

cyari.jpg
<チャーリー、ルーシー>
こちらもご存じスヌーピーで有名な「ピーナッツ」のキャラクター、チャーリーとルーシーの古いバブルヘッド。
超希少な日本製である。ひび入りのハゲハゲで雰囲気抜群。枯れてます。これも欲しいです。



大人の男性でも女性でも自分の部屋に、こういった時代や歴史のある渋くて味のあるフィギアが一つでも飾られて

いたら、私はきっとその人を好きになると思います。



最後に念のため言わせて頂きますが、私はオタクではありません。
お支払い方法、送料などについて
ページトップへ