blogimg_tudor.jpg




当時あまりにも高価だったため、一般には浸透していなかったロレックス。
そんな中、販売拡大の為にロレックスの姉妹ブランドとして1930年代に誕生したチュードル。
ロレックスとは違い、姉妹ブランドならではの遊び心のあるデザインがチュードルの魅力。

チュードルの中でも特に『デカバラ』というモデルは未だに人気が絶えないロングセラー商品です。
シンプルだけど確かな主張がある、この時計の特徴を各パーツごとに紹介していきます。








〜バラ〜

12時位置に配された「でっかいばらのマーク」略して『デカバラ』。
この時計の愛称にもなるほどの最大の特徴です。
プリント表記ではなく立体感のある金属の打ち抜きで型取られている為、抜群の存在感を醸し出します。

このバラの紋章は、エリザベスなど5人のイングランド王を輩出した名門貴族「チュ−ダー家」の家紋にちなんだものです。
当時本社がイギリスにあったロレックス社は販売拡大のために、イギリス人にとって馴染み深い「チューダー家」からブランドネームとブランドマークを決定しました。ちなみに1970年代からは「バラ」のマークは使われなくなってしまいます。





〜リューズ〜

リューズを見るとロレックスのブランドマークである「王冠」が刻印されています。
『デカバラ』は外装パーツの多くがロレックスと共通の物を使用しています。

現在では決して珍しくないネジ込みタイプのリューズですが、特許を取り世界で初めて採用したのはロレックスです。
その堅牢性は、他のブランドを圧倒していました。






〜裏ぶた〜

製造年代により、裏ブタに[ORIGINAL OYSTER CASE BY ROLEX GENEVA]の刻印されている物がありますが、これはチュードルがロレックス社の販売拡大(宣伝)の為に創られたことの証明ですね。逆に初期の頃に製造された物には、裏ブタにこの刻印が無いレアなモデルも存在します。(裏ブタを開けると裏面にはチュードルの刻印がされています)

製造から約40年経過していますので現在は防水性を保っておりませんが、「オイスターケース」の実力はロレックスをトップブランドへ飛躍させる程の発明でした。[防水性→コチラをご覧下さい。





〜ベルト〜

金属ベルトもロレックスのベルトが付きます。
近頃では、この時代のベルトも年々貴重な物になってきています。











見た目のカッコ良さはモチロンの事、『デカバラ』には
知れば知るほど面白い、「ロレックスとチュードルの関係」が凝縮されているのも魅力の一つです。

中の機械は電気系統は一切使っていない、ゼンマイ動力の機械式時計なので、大切にメンテナンスをしてあげれば、一生モノとして永く使っていただけます。

着けて良し。語って良し。人が持っていない。
アンティークの醍醐味の三拍子を備えた、スイートロードお勧めの逸品です。是非、『デカバラ』の魅力を実感して下さい。



[機械式時計の仕組み→コチラをご覧下さい。

[TUDOR商品ページ→コチラをご覧下さい。

こんにちは。
桜も一段落して、若葉が活き活きとしてくる季節。
いよいよゴールデンウィークの時期になってきました。
みなさん、予定などはいかがでしょうか?

スイートロードが出店している
「アンティークモール銀座」

ここで4月29日(火 祝)〜5月6日(火 祝)まで

「銀座 蚤の市」

が開催されます!!

それにさきがけ、スイートロードでは本日4月25日より、
開催期間だけの特別企画として

なんと常設している時計が

    5%〜10%OFF!








また、特別企画その2として
    
    「¥10000均一」

のコーナーを特別設置しました。
セイコー、シチズン、ティソ、ウォルサムなど多数商品を
ご用意いたしましたのでぜひこの機会にご覧になって
いただきたいと思います。




普段はこの値段では並ばない時計の数々。

アンティークなのでもちろんすべて一点ものです。

掘り出し物を見つけて下さい!

ふっと手に取ってみたら、つい連れて帰りたくなるかもしれません。
そんな出会いがあったらうれしいです。

取り扱いメーカー)ロレックス、オメガ、ルクルト、IWC、セイコー、
シチズン、モバード、ティソ、ウォルサム、テクノス  etc....

こんにちは。
今日はまずこの画像をご覧になってください。



時計のムーブメント"エルプリメロ"を携帯で
撮って待ち受け画面にしてみました。

クロノグラフムーブメントなので小さい部品が多いですが、
なかなかうまく撮れてます。

マクロ撮影でもここまでしっかり撮ろうと
寄ってみても普通はピントが合わないのですが、

「携帯電話用コンバージョンレンズ」

というのがありましてそれを使って撮ってみました。


コンバージョンレンズとはかんたんにいうと

「撮影の可能性の幅が広がるレンズ」

です。
もっとかんたんにいうと ”パワーアップ” です。

実はこのようなレンズの取り扱いをはじめました!
その名も「デジタルキング」、略して「デジキン」。
今回の接写以外にも広角や望遠、
遊び心のあるフィッシュアイレンズも取り揃えております。
取り付け方もかんたん。



コンバージョンレンズについての詳細はこちらからご覧いただけます。

ムーブメントを待ち受け画面にというのはあくまで一例です。
携帯ライフもコンバージョンしていただけたらと思います。

こんにちは。
本日、アンティークモール銀座へ時計追加完了しました!
このような雰囲気でご覧いただけます。

mallup-1.jpg

mallup-2.jpg

ちなみに先日の時計たちに引き続き、
アンティークテイストがふんだんにありつつも手頃な
モバード、マービンの2本がさらに追加されました。
mall-2.jpg
MOVADO 50年代 手巻
時間の目盛りとなるインデックスが非常にユニークな作り。
カレンダー表示は赤色です。
かつてムーブメントも自社製造だったモバードは
今市場でも玄人受けする時計のひとつとして注目されてます。

MARVIN 50年代 手巻
ブラックとグレーがきれいに残ったツートンダイアル。
コンディション良好な1本です。
飛びアラビア数字が沈みがちな文字盤の色使いにアクセントに
なって意外に見やすくなっています。
ケースデザインも雰囲気がよく出ています。

こちらの商品はアンティークモール銀座にてご覧いただけます。

こんにちは。
都内でも気軽に当店の時計をご覧いただけるよう、
アンティークモール銀座にスイートロードのブースがあります。
今日は先日のリニューアルに続き、商品の追加のお知らせになります。
今回は主に1950年代物です。
50年代というと戦後から日本が本格的に復興し始めて非常に活気づき始めていました。
力道山、エルビスプレスリー、ジェームスディーンなど未だに語り継がれるヒーローが登場、
最近話題になっていた日本映画「オールウェイズ」もこの頃の時代設定です。
同時代に製造された時計たち。直感的に「すごいなぁ〜」とため息がでます。
mall-1.jpg
右より
ELGIN 
文字盤もやや曲線があり、立体感のあるスクエアケース。
TAKANO
知る人ぞ知る幻の国産メーカー。腕時計の製造は約4年ほどといわれる。
BULOVA 
アールデコ コインエッジケース 
LACO 
スモールセコンド付き。 西ドイツ製
ELGIN
秒針が時分針と完全に分かれ、脈拍を計るのに利便があったため
通称「ドクターズウォッチ」と呼ばれる。
mall-3.jpg

UNIVERSAL(ユニバーサル) PG for LADY
リボンを巻き付けたようなドレッシーなデザイン。
手に合わせるとピンクゴールドはやさしい印象になります。


LONGINES(ロンジン) WG for LADY
ケースにホワイトゴールドを使用し、リーフ(葉)をイメージ。

ゴールドといえばイエローという見方が当たり前の時代に、
こうしたピンクゴールド、ホワイトゴールドの時計は貴重です。

アールヌーボー、アールデコのデザインが当時のオリジナルで盛り込まれた時計たち。
控えめな大きさがかえって品格があるように思えてきます。

続きはアンティークモール銀座にてじっくりご覧下さい。

お支払い方法、送料などについて
ページトップへ