こんばんは!
副店長の田辺です!

セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」

2

第七弾は「ライナー」です。

1

「ライナー」の特徴はなんてと言っても薄さです。
「ライナー」が誕生した経緯は当時のトレンドが関係していますが、
それだけではありません。
当時はライバルといっていい関係の第二精工舎(亀戸)が
超薄型腕時計「ゴールドフェザー」を製造したことも関係しています。
ライバルの第二精工舎が薄型の時計をリリースしたとなれば
諏訪精工舎も黙っている訳にはいきません。

「ゴールドフェザー」に対抗するように諏訪精工舎も「ライナー」を製造します。
「ライナー」も「ゴールドフェザー」と同じ高級機として売り出しており
意識していることが分かります。
ちなみに「ゴールドフェザー」は25石(グランドセイコーのファーストと同じ石数)、
「ライナー」は23石(後年21石も登場します)となっており、
高級品と呼ばれる石数です。

ライバルと表現しましたが、 諏訪精工舎と第二精工舎はお互いが刺激し合い、
切磋琢磨するような関係でした。
決して仲が悪い訳ではありません。

「ライナー」のベースは「マーベル」で、
「マーベル」のパーツを全て薄くしたものが「ライナー」と言ったところです。
薄くするのは簡単そうに思えて、簡単なものではございやせん。
諏訪精工舎の技術力があってこそです。
文字盤や針もムーブメントに厚みがでないように工夫されています。
ベースになっているマーベルの何と4分の3ほどの薄さです!

ちなみに第二精工舎は「ゴールドフェザー」のために、
新たにムーブメントを作っています。
同じ薄型の時計でも完成までの工程が違うんですよね。

3

ただ第二精工舎に対抗しただけではなく、
ちゃんと「ライナー」で培われた薄型ムーブメントの技術は後年になって
自動巻で生かさています。

今回は第二精工舎との関係や当時のトレンドがわかる
「諏訪の薄型腕時計ライナー」でした。
このへんでお開きお開き。

4

=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
TEL:044-544-8177
営業時間:11:00-20:00(月曜定休)
access_map


お問い合わせ:sweet@sweetroad.com
公式通販サイト:www.sweetroad.com
instagram(Shop):[instagram.com/sweetroad_shop/]
instagram(Photo Gallery):[instagram.com/sweetroad1993/]
facebook:[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]

=========================================================