こんばんは!
副店長の田辺です!

2

セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」

今回の特集は「マーベル」から始まり、
「グランドセイコー」、「キングセイコー」まで取り上げました。
時代でいうと、戦後(1945年)から1970年代までです。

今回の特集を通して感じたことは、
日本の時計業界のスタートは戦後といっても過言ではないということです。
それくらい戦争が与えた影響は計り知れませんでした。
第二精工舎の亀戸工場に至っては戦災によりほぼ完全に破壊されてしまいました。
戦後初めての生産は諏訪工場で再開されましたが、
実際は生産なんてものではなく、ストックしていたパーツを組むといった感じでした。

そんな困難な時期を経て、「マーベル」が米国時計学会日本支部で行われた
腕時計コンクールにて1位を獲得します!
その後「マーベル」がベースとなり、「クラウン」、「ロードマーベル」が登場し、
世界に通用する高級品「グランドセイコー」が誕生します。
壊滅的なダメージを負った第二精工舎も諏訪精工舎の背中を追いかける形で
「クロノス」、「キングセイコー」を完成させます。

その後、良きライバルであった諏訪精工舎と第二精工舎で協力し、
世界中の時計メーカーが参加する天文台コンクールで
1967年にセイコーがオメガを抜かし1位になりました!

戦後から1970年代にかけて様々な困難を乗り越え、世界に挑戦し、
セイコーというブランドが確立されました。


世界有数のマニファクチュールメーカー「SEIKO」は
様々な苦労と困難を乗り越え今に至るわけです。
今考えると日本のメーカーより困難な時期を過ごしたメーカーは
世界的にみても少ないのではないでしょうか。

日本時計界の旗手「SEIKO」の特集は今回で終了となります。
時代背景などもアンティーク時計を楽しむ一つの要素だということを
改めて気付かされました。

日本人ならお茶漬けだろうが!というCMがありましたね。
今なら日本人ならセイコーだろうが!です(笑)

以上、副店長の田辺でした。

1

=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
TEL:044-544-8177
営業時間:11:00-20:00(月曜定休)
access_map


お問い合わせ:sweet@sweetroad.com
公式通販サイト:www.sweetroad.com
instagram(Shop):[instagram.com/sweetroad_shop/]
instagram(Photo Gallery):[instagram.com/sweetroad1993/]
facebook:[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]

=========================================================