1

「おちゃらけソムリエ田辺による40万円代おすすめウォッチ・2本目」

こんばんは!
おちゃらけソムリエ田辺です!

前回はロレックスを代表するスタンダードウォッチ「デイトジャスト」を紹介しました。
今回はロレックスの姉妹ブランド「チュードル」からスポーツウォッチを紹介致します。
皆さんご存知の通り、チュードルはロレックスの姉妹ブランドです。
(現在は姉妹ブランドというには少し無理がありますが)

そんなチュードルのスポーツウォッチが
40万円代で手に入れることが可能なんです!

こちらです。

1

◎チュードル・サブマリーナ”ミッドサブ” 1992年製 468,000円(税込)

見た目だけでは普通のサブマリーナと違いが分かりませんよね。
この個体は”ミッドサブ”と呼ばれる36ミリ径のサブマリーナなんです。

2

ボリュームが足りんないんじゃないの?
そんな心配は必要ありません!

何てったってロレックスの人気モデル「エクスプローラー1」と同じサイズですから。
あの時計を着けていてボリューム不足と感じる人はいますか?
そう感じる人は腕に仮面ライダーのベルトでも巻いておけばいいと思います。
北斗の拳のラオウじゃあるまいし。

4

話が脱線してしまいましたが、
この時計の魅力はサイズ感だけではありません。

よ〜く見るとフチなしなのに風防がプラスチックではなくガラスです。
ロレックスでいうところの16800の初期型と同じディテールです。
この16800は1980年から1986年頃の短期間製造された時計です。
それまで(1680)はプラスチック風防でしたが、16800からガラス風防に変わり、
16800の初期型はフチなし、その後にフチありに変わります。
元々生産期間の短い16800ですが、フチなしとなると僅か数年しか生産されていません。

その16800と同じディテールを持っているのがこのミッドサブマリーナなんです。

アンティークというには新しい年式ですがフチなしで巻きブレス付き。
90年代の時計にも関わらずアンティークらしいディテールを持っていて、
かつガラス風防というところがまた面白い!
インデックスもアンティークのように少し灼けているのがまた格好良い。
そんな時計が40万円代で買えちゃうんです。

3

チュードルなら”ミッドサブ”の他に”ミニサブ”もあります。
僕が担当している価格帯ではありませんが、
ミニサブは30万円代で買えちゃいます。

私、田辺はミッドもミニも愛用しておりました。
おちゃらけていてもプロですから。
人とは被らない珍しい時計に惹かれるんですよね。

以上、おちゃらけソムリエ田辺のおすすめウォッチでした。

slide1

=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
TEL:044-544-8177
営業時間:11:00-20:00(月曜定休)
access_map


お問い合わせ:sweet@sweetroad.com
公式通販サイト:www.sweetroad.com
instagram(Shop):[instagram.com/sweetroad_shop/]
instagram(Photo Gallery):[instagram.com/sweetroad1993/]
facebook:[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]

=========================================================