nakamura8-1.jpg

フリーマーケットの歴史を紐とく・・・ なぜ? きょうは、こんな話をするのか。


フリーマーケットの歴史がはじまったのは、ヨーロッパと言われています。
当初は「フリーマーケット」ではなく
「蚤の市」という名で「路上市場」としてはじまったようです。
ちなみに、どうして「蚤の市」というかといいますと蚤のついてそうなもの
衣類が売られていたから なんだそうです。(汗)タラー。

9.18-1.jpg

フランスが代表的なところですが、イギリスなどでもさかんでした。
たまあーに開催されるのではなく、

毎日のように開催されていたそうです。
みんなの憩いの場だったのかもしれませんね。
今で言う「骨董品」も多く出品されていたようです。


その後アメリカで・・・・

いま、日本で行なわれている「フリーマーケット」の
歴史の起源は、アメリカにあります。
1970年代はじめに、アメリカ西海岸ではじまったとされています。

9.18-2.jpg

アメリカでフリーマーケットと言えば、
広大な土地と、車社会を反映して、スタジアム等を使って月一回、
千台単位の車ごと出店が集う大規模なイベントだ。
(カーブートセール)、車のトランクに積んだままでのセール、
アメリカらしいね。
(スワップミート、)へと発展していった。
ロサンゼルスで開催される(ローズボール)や(ロングビーチ)が有名で。
私も、ロサンゼルスのフリーマーケットへ行ったことがありますが
その規模は大きく、驚かされました。

9.18-3.jpg

その後、「リサイクル運動市民の会」が1980年ころより活動を広げ
日本全国に広がっていきました。
代々木公園で第一回フリーマーケット開催した。

9.18-4.jpg
9.18-5.jpg



このような出発点が“日本型フリーマーケット(Free market)”として、
欧米にみられない日本独特の発展を方向性付ける事となる。

9.18-6.jpg

80年代後半には『リサイクル』に対する関心の高まりを背景に
原宿ホコ天と並ぶ “若者文化”として世間的認知が広まっていった。

9.18-7.jpg

90年代に入ると、バブル崩壊と景気後退に比例して、
それまで見物する側だった人達も出店する側となり、
参加者が一気に増え、会場数・開催数も増えた。

現在では『フリマ』の愛称も広がり、特に都市部では日常の風景となっている。
最近の動向としては、『大規模イベント化』『対象の細分化』『形式の多様化』
等の現象が進んでいる。

9.18-9.jpg



日本のフリーマーケットの特徴

主催者が『リサイクル』を旗印とした市民団体がたくさん出現しました。
出店者は、業者ではなく『一般市民』を中心とした参加傾向でした。
出店される物は、仕入れた中古品ではなく『家庭の不要品』が条件。

公園等の“公共の場所”で開催される事から出発している。
その流れで、“自治体”が主催するフリーマーケットが
増加したのも大きな日本の特徴といえる。
(近年はその集客力を見込んで民間地・商業施設等の開催要請が増えている。)

9.18-8.jpg

首都圏周辺に、これだけ会場数・開催数が集中して多いのも
世界的に例のない特徴である。


1970年代後半の時代、
(フリーマーケットの言葉を理解できる人は少なかったと思います。)
日本に入ったアメリカ型のフリーマーケットは、
たちまち、大きなプロ集団が出来上がり、私もその中の一人でした。

(なんでも売れました。。)ビックリするくらい。。。

土曜日、日曜日、雨が降ったら、中止です。(でも気にはならなかった・)
また・来週があるから、、

一日にとんでもない人数が来るのでいろいろな事件も、

「万引き」「スリ」ets などは当たり前の世界でした。

弁当を持っていても食えない時もしばしばあり、

うれしい悲鳴。。。

売り場からはなれる事はないのだ。
(トイレは行かないのだ、水分の補給なし。)

9.18-12.jpg

代々木公園などは、朝5時ごろ準備を始め、(時間外ですが主催者の特別の計らいで。。)
暗くなるまで(また時間外です)いつも人生はみだしてました。

明治公園では、お客さんを横ではなく、縦に並ばせる伝説をつくり
(詳しく聞きたい方はお店まで・・)

雑誌などにも、多く取材を受け、フリーマーケットの帝王などと、
言われた時代がございました。。

25〜26年前のことですが・・・まだ昭和の時代でした。


仕事がら私は海外に行くことが多く、露天街を見て回るのは好きでした。
しかし後進国の食品の衛生面はだいぶ気にはなりました。
とくに東南アジアの食べ物は神経使います??

9.18-10.jpg

私の知る限り世界一の露店マーケットはタイランドの
ウイークエンドマーケットだと思います。

タイではチャトゥ・チャック市場と呼ばれるこのマーケットは、
週末の土日にのみ開催され、公称1万5千の店舗がある
自称「世界最大のマーケット」とうたっているようですが

俺は最低2万件以上だと思う、とにかく明らかなモグリ商売の人たちが
(出店料を払わない人たち。。)多いこと。。。

1日数十万人という凄い数の人出があり、。扱っているのは、
衣料品やアクセサリー、工芸品、民芸品、
マニアックな(意味深ですな〜〜)コレクション、

熱帯魚や犬、サル、トカゲなどのペットや観葉植物など、
おもしろいのは売れないアーティストの作品を本人たちが、
一生懸命説明するのだ(俺はタイ語はわからないのだ??、)

その間にレストランや屋台、カフェなどが点在しています。
(水は絶対ダメです。氷も要注意、溶ければ水です。俺は何度もお腹が、。。)

トタンかテント屋根でできた市場内は、
通路は狭くて買い物客でごった返しており、
その人いきれと熱気で暑い日中に回れば
熱中症になりそうなほどです。

人間は物を売ったり、買ったりするとき、顔をみて、大きな声をだして、
身振り、手振り、笑顔で交流できるのは、俺は楽しいです。



9.18-11.jpg