スタッフブログ

アンティーク時計販売・修理専門店スイートロードのスタッフブログです。
最新の入荷情報から時計の豆知識、スタッフの日常などなど、毎日更新中!

スタッフブログ イメージ画像
スイートロード川崎店
212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 1F
044-544-8177

スイートロード銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目5-14 ブレス銀座5F
03-6228-5563

sweet@sweetroad.com
営業時間 11:00-20:00(月曜定休)

SEIKO特集【国産時計特集】

こんばんは! 副店長の田辺です! 第十一弾は「GS」と「KS」です。 セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」と銘打ってやってきましたが、 いよいよ今回が最終回となります。 最終回にふさわしいセイコーを代表する時計「GS」と「KS」です。 説明は不要かもしれま
『『GSとKS』・・・セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」』の画像

こんばんは! 副店長の田辺です! 第十弾は「クロノススペシャル」です。 前回の「クロノス」で諏訪精工舎と第二精工舎の ライバル関係に関して触れました。 今回の「クロノススペシャル」も「クロノス」同様、諏訪のある時計に対抗して製造されました。 その名は「クラ
『『1年しか製造されなかった高級機「クロノススペシャル」』・・・セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」』の画像

こんばんは! 副店長の田辺です! 第九弾は「クロノス」です。 「クロノス」の説明に入る前に第二精工舎についてお話します。 正式名称は株式会社第二精工舎亀戸工場です。 創立は1937年9月です。 元は懐中時計、腕時計、その他にも置時計、掛時計を 全て精工舎の大平町
『『亀戸を代表する時計「クロノス」』・・・セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」』の画像

こんばんは! 副店長の田辺です! 第八弾はセイコーを支えた自動巻「62系マチック」です。 1955年、国産初の自動巻は第二精工舎(亀戸)で製造されました。 海外メーカーの自動巻登場から30年くらい遅れて登場したと言われています。 国産メーカーはかなり出遅れてしまい
『『セイコーを支えた自動巻「62系」』・・・セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」』の画像

こんばんは! 副店長の田辺です! セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」 第七弾は「ライナー」です。 「ライナー」の特徴はなんてと言っても薄さです。 「ライナー」が誕生した経緯は当時のトレンドが関係していますが、 それだけではありません。 当時はライ
『『諏訪の薄型腕時計「ライナー」』・・・セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」』の画像

こんばんは! 副店長の田辺です! セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」 第六弾は「クラウンスペシャル」です。 「クラウン」は高精度な実用品として中級機という位置付けで販売されましたが、 「クラウンスペシャル」は高級機として販売されました。 「クラ
『『グランドセイコーの普及品「クラウンスペシャル」』・・・セイコーというブランドの確立「世界への挑戦」』の画像

↑このページのトップヘ

©2020 SWEETROAD All Rights Reserved.