スタッフブログ

アンティーク時計販売・修理専門店スイートロードのスタッフブログです。
最新の入荷情報から時計の豆知識、スタッフの日常などなど、毎日更新中!

スタッフブログ イメージ画像
スイートロード川崎店
212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 1F
044-544-8177

スイートロード銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目5-14 ブレス銀座5F
03-6228-5563

sweet@sweetroad.com
営業時間 11:00-19:00(月曜定休)

創業者 中村昌義が語る「昭和という時代の魅力」

今日は映画の話にします。子供の頃おふくろは年に2〜3回 ”シネマ館”《当時はこんな看板でした》に連れていってくれた。 1960年代この時代は最大の娯楽だったネ  たしか料金は200円ぐらいだったな。 見るものは赤穂浪士とか椿三十郎とかとにかく時代劇だね。 (三本
『1960年代〜1970年代  東映映画最高・アメリカ最高ォー』の画像

今日は親父を尊敬した日心に残る《第一号》の話です。 1958年頃(昭和33年の頃) ちっちゃな頃から悪ガキで(俺はぜんぜん思わなかったけど) 近所ではそうゆう評判だったらしい。 おふくろ(家ではカーチャンと呼ぶ)には、本当に申し訳ないと後日、 心から悪かった
『親父は神様 おふくろは女神 俺はヤッターマン・・・』の画像

1950年ナカムラはロシア(旧ソ連)で生まれたのです。 1955年《昭和30年》に、はじめて日本の大地「舞鶴」に 着き東京の足立区に親子5人で引き上げ者の施設で3年間暮らすのです。 言葉はロシア語で生活していたので小学校の時は困る事があり 友達は少なかった記憶が
『今日は子供時代の話をしてみたいです。』の画像

しかし俺にはもっと大きなニュースがあった。 あのエレキの神様『ベンチャーズ』だ。 初めて聞く「パイプライン」「ダイヤモンドヘッド」 「朝日のあたる家」など、など・・・ あのギターの「音」まさにエレキに痺れた。 あの加山雄三さんも痺れたとさ。(エレキだか
『[ソ連]人類初の宇宙飛行に成功 大きなニュースでした。』の画像

今回のイベントは最初に1970年代の時計たちが紹介されています。 高度経済成長期の象徴とも言える1970年代に開催された日本万国博覧会。 日本の一大国家イベントであり、昭和の時代を代表する。 俺は当時大阪には一度も行った事がない。万博の時はテレビで三波春夫さんの
『タバコの話(現代では非国民あつかい)税金多く払っても??』の画像

今回から始まる ナカムラ、ブログ楽しくやりたいです。 見た目はこんな感じですが意外と『義理人情』を大切にしています。 ”古い人間だからね” 「もの」基本的に好きだね。人間が生きる為の必需品または道具。。 わかりやすく表現すると人間の五感に必要な「もの」えら
『第2回 昭和という時代の魅力』の画像

日本の時計文化は古くから存在するが今回は、昭和の時代から生まれた時計たちを 皆さんご紹介したく企画いたしました。 昭和とは、1925年から始まります。 国産時計の歴史は、1881年「服部セイコー」が創業され 1930年《昭和5年》にシチズン時計が創立、 オリエント時計
『”昭和”の時代を駆けた時計たち』の画像

↑このページのトップヘ

©2020 SWEETROAD All Rights Reserved.