カテゴリ: スタッフ厳選!おすすめウオッチ!

10月16日から10月19日までお休みを頂きます。
(20日から通常通りの営業となります)
ホームページに関しましてはご注文を頂くこはできますが、
発送やお問い合わせに関しまして、10月20日以降の対応となります。
何卒、ご理解下さいますようお願い申し上げます。


こんばんはスタッフのイナバです。
最近のトリックアートは交通事情にひと役買っているようです。
実施しているインドの交通状況は悪く、
スピード違反事故が多発しているそうです。
路上にトリックアートを使う事で、
車の速度を落とさせる試みが行なわれてるようです。
00_m


一定の方向から見ると、横断歩道の白いラインが空中に
浮いているように見え、思わずドライバーが速度を、
落としてしまうようになっています。
インドの首都・デリーで横断歩道を3Dアートで描いたところ、
平均速度が時速30kmにまで下がったそうです。
立体的に見える3Dアート、
横断歩道の他にも活用されそうですね。


時計も見た目と、着用の印象が違うものもあります。
本日はカルティエの『ミニ・ディヴァン』です。
タンクシリーズのマスト・ディヴァンとして、
2002年に発表され、現在は生産終了モデルとなります。
DSC00990



そのレディースがミニ・ディヴァンなのです。
フランス語で長椅子を意味するディヴァンは、
横長と縦が短いフェィスが特徴で、
この横長のレクタンギュラーはとても珍しいです。

因みに当時タンクソロが、新品24万位に対して、
ミニ・デヴァンの新品価格は34万位だったようです。
高価だったのがわかりますね。

DSC00987


腕につけたときの収まりが良く、つけ心地もいいです。
カルティエならではのデザイン性が感じられ、
落着いた雰囲気とサイズ感が良いです。


タンクシリーズは丸みある直線のデザインが、
アールデコ様式の先駆けと言われています。
その中でも特別な個性があり、しっくりと馴染む不思議なデザインです。

詳しくはお問い合わせください。


=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
月曜定休(祝日の場合は営業)
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

こんにちはスタッフのイナバです。

スタッフ同士で、最近入荷したての
時計の話しをするのですが、
色々見ていくとこんなモデルが・・・

DSC00999


文字盤には『Chateau Calendar 21』と表記されてます。
アンティーク好きなら分かりますよね。
そう・・・このモデルはあの幻のメーカーと呼ばれてる
『TAKANO/タカノ』なんです。


DSC01004


アンティークにしては珍しい37ミリのビックケース
段付きのツートンダイヤルはレコード盤の様な、
溝がきっており、分刻みのドットは彫込みになってます。
見たときに・・・単純にカッコイイと思いました!
1960年代初期くらいと思います。

防水ケースの機械はなんと・・・


DSC01001



リコーなんですね。
となれば、1962年の7月にタカノからリコーへ移行していくので、
合併してすぐの過渡期なのかもしれません。

同時期には、タカノムーブが入った「リコーシャトーカレンダー」があり
このモデルはその逆パターンです。
初期モデルなら合併してすぐですからムーブに刻印を入れ、
リコー製品であるアピールをしたのかもしれません。


ただ言えるのは、タカノの製品とほぼ変わらないこと。
前回入荷した限定復刻のシャトーは1998年当時販売すぐに、
完売してたそうなので、タカノ人気はあるが綺麗な個体が少ない。
良好なコンディションを保つタカノが年々減っているのが事実です。
個人的にはこのシャトーカレンダーは、個体のコンディションも含めて、
裏ブタを開けてからの驚きと、同時に語れる面白さがある時計です。

この機会にいかがでしょうか。
【RICOH/リコー】【TAKANO/タカノ】【シャトーカレンダー 21】「オリジナルツートンダイヤル/防水ケース」【手巻 21石】1960年代 w-15821【アンティーク】【中古】商品コード : w-15821


=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
月曜定休(祝日の場合は営業)
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

こんばんは。
店長の平野です。
f-bb-tp2-171012-6215_thum630

マー君の快投から奇跡の三連勝。
NYヤンキースを救ったのはマー君といっても過言ではないですね。
この勢いでリーグ優勝、ワールドシリーズでも優勝して欲しいものです。

goji51

ヤンキースが最後にワールドシリーズで優勝したのは、
2009年の松井秀喜がMVPを獲った時ですね。
この歓喜のジャンプが忘れられないです。

この感動は日本では味わえないものなのかもしれませんね。
やはり、アメリカ限定なんでしょうね。

ということで。
本日紹介する時計はこちら。
DSC00984

オメガ/OMEGA スピードマスター USA限定 プロフェッショナル 1982年製 ¥548000(税込)

希少なオメガのアーカイブ付きとなります。

DSC00983

アーカイブはメーカーで出しているものなので、
非常に信憑性の高いものとなります。
販売された国や、日付、当時付いていたステンレスブレスの番号まで事細かに
記載されています。
パーツ一つ一つデータとして残しているとか
細かい、細かすぎるぞオメガ。
DSC00985

紹介の個体は1982年製のU.S.A限定。
気付いた人も多いでしょう。
通常のU.S.A限定は
1969年から1971年頃までの短期製造のはず。
なぜ、1982年にUSA限定なのか?
考えられることは、アーカイブにも書かれている通り、
『United States/アメリカ』で販売されているということからも、
オーバーランした裏ブタを使ったということなんでしょうかね?

結論から言うとわかりません。

アーカイブを取ってから裏蓋を交換したのでは?
と思う方も多くいらっしゃると思いますが、交換はされておりません。
オメガにアーカイブを依頼した前オーナー様から確認済みです。
ファーストオーナーはどういう経緯でこの時計を買ったんでしょうね?
気になって仕方ないですね。

こういったイレギュラーものは説明が付きませんね。
わからないことだらけです。
アンティークってやっぱり面白い!!
今日はここまで。

=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
月曜定休
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================







こんばんは。
店長の平野です。

昨日のマーくんの投球、凄かったですね。
久しぶりに最初から最後まで一試合見ましたよ。
20171009-00010016-fullcount-000-1-view

バッターをツーストライクに追い込んでからの
ヤンキースタジアムの盛り上がりがスゴかったですね。
お客さんはみんな椅子から立ち上がりますからね。
もし日本でそれをやったら、
後ろの席の人から『早く座ってくれる?』と言われるに違いないです。

日本のプロ野球と、米国のメジャーの違いはやはり「一体感の差」なのかもしれませんね。


今日は気分が良いので、このまま終わりたいところですが、
そうもいかないので2本ほど紹介しておきます。
DSC00962

OMEGA/オメガ シーマスター cal.552 1962年製 ¥108,000(税込)

一本目はメジャー級のビックサイズのシーマスターです。
メジャー級は言い過ぎでしたが、
通常のモデルに比べれば、確かに大きいですね。
DSC00961

(左側がビックサイズ、右側は通常のサイズ。)

しかもデイトもなく、余計なものを全て取り除いたって感じのデザインですね。
経年の焼け具合もなかなかのもの。

もう一本はこちら。
DSC00958

CITIZEN/シチズン クリスタルデイト 1968年製 ¥108,000(税込)

当時のシチズン最高級品です。
「クロノマスター」の元となった時計です。
言われてみれば、黒い文字盤のクロノマスターって感じですね。
多石競争の真っ只中だったこともありますが33石とはなかなかのものです。
DSC00959

DSC00960

ケースやガラスのカット、ダイヤルデザインなど、
一つ一つに強いこだわりを感じる逸品です。
生産年数がわずか2年程度ということもあり、
探すと意外に見つからない希少種です。

いかがでしたか。
渋いところではありますが、なかなかのモノたちですよ。
本日はここまで。

=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
月曜定休
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================







こんばんは。
店長の平野です。
最近、エクスプローラー2の16550のアイボリーダイヤルが高騰してますよね。
通常のアイボリーで160万オーバー、
センタースプリットで230万オーバー(1655が買えちゃう?!)で
取引されているという恐ろしい状況。
1984年から1988年頃の短期生産というところが人気に拍車をかけている要因なんでしょうかね。

そんな16550を凌ぐ時計を発見しました。
こちらです。
DSC00933

ROLEX/ロレックス エクスプローラー2 REF.16570 1988年製 ¥1,280,000(税込)

なんだなんだ、普通の16570の白文字盤じゃないか?
そういう声が聞こえてきそうですね。
案ずる事なかれ。
文字盤をよーく見て下さい。
DSC00937

わかりますか?
写真じゃ分かりにくいかもしれませんね。
実はこれ、アイボリーなんです。
通常の白はもっと発色の良い健康的な白色なんですが、
こいつは違います。
落ち着いた乳白色で、独特のオーラを出しています。


16550が生産終了したのが1988年、
16570の生産開始時期が1988年。
この過渡期の1988年頃のモデルにのみ存在するアイボリーの16570。

珍しさは間違いなく16570のアイボリーでしょう。
こういう時計こそが
今後のセカンドビンテージのスペシャルウォッチになり得るんでしょうね。
実物を見ないと実感出来ないかもしれませんので、
是非ご来店いただければと思います。


【箱・ギャラ・クロノメータータグ・冊子付き】【ROLEX】【ロレックス】【Ref.16570/R品番/最初期モデル】【EXPLORER-II/エクスプローラー2】『GMT針/白文字盤/アイボリーダイヤル/純正3連ハードブレス』【Cal.3185/自動巻き】1988年製 【USED】【中古】

DSC00934

=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
月曜定休
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================
お支払い方法、送料などについて
ページトップへ