カテゴリ: 特集

bnr_gs_top

こんばんは、タドコロです。

クォーツ時計アストロンが発売された翌年の1970年、
最後のグランドセイコー『56GS』が発売されました。
11699-1
(その後、1988年にグランドセイコーが復活しますが、
こちとらアンティーク屋なので、基本的にクォーツ以前のことしか考えておりません。
そのあたりのことは悪しからずご了承ください)

1stモデル誕生から10年。
一つの時代を駆け抜けたセイコー社が送る最後の答えがこれでした。


::::::::::::::::::::::::::::::::


56GSの特徴は「ハイビート」ながら
テンプの振動数が、10振動ではなく8振動に減少したことです。

クロノメーターコンクールを経て
たどり着いたはずの10振動をなぜ捨てたのでしょうか?

ここでグランドセイコーの歴史をさらってみましょう。



・1stモデル 
グランドセイコーの誕生(世界への意識の芽生え)

・2ndモデル  
カレンダー付き・ケースの重厚化(実用性を意識)

・44GS
亀戸製のGS誕生(以降、手巻は亀戸・自動巻は諏訪)

・62GS
初の自動巻モデル(より高い実用性と高級化)

・61GS
ハイビート自動巻(自動巻の完成形)

・45GS
ハイビート手巻(手巻の完成形)

・19GS
レディースモデルの誕生(レディースのハイビート)

・V.F.A.
究極の精度(前人未到の機械式時計の到達点)


と、ここまでは様々な背景を踏まえつつ
より良いものをという正当な進化をしてきました。

しかしこの流れで、
・56GS
最後のグランドセイコー(8振動に減少)
です。

ここにきてスペックダウンとも言える
仕様変更が行われたことが不思議でなりません。


:::::::::::::::::::::::::::::


私が思うのは単に
「コストダウンを図ったのでないか」ということです。

1969年にクォーツが発売され、
これからクォーツの時代が来るとセイコー自身が一番強く感じていたはずです。

時代遅れとなり兼ねない機械式時計にコストは掛けていられないと、
10振動よりも容易に作れる8振動に変更し、コストダウンを図ったとも考えられます。

さらに時代は大量消費が始まる1970年代。
消費者のニーズも多様化してきます。

以前のように一つの商品でホームランのような大当たりをすることが難しくなり、
いくつかの商品を少数用意して少しずつヒットを飛ばすという風潮が見え始めてきます。

事実、GSの中で最もデザインバリエーションが一番豊富なのが56GSです。
1_000000002871
2
000000003623_2000000004035_1
そのような時代背景も手伝って、大きなリスクを避けて
開発費を抑えたかったのが本音ではないでしょうか。


しかし振動数を落とした結果、
「歯車の摩耗が軽減され耐久性が高まった」
という嬉しい副作用が付いてきました。


発売当時は大卒初任給と同程度の40000円、
発売終了となる1975年には大卒初任給の半分程度の46000円という価格設定で
グランドセイコーが身近になりヒットしました。


::::::::::::::::::::::::::::::


もちろん諸説あるでしょうが、
私は上記のように考えております。

世界に誇ったGSの最後がこういう形で終わったことは
寂しい気持ちもありますが、それも時代の流れ。

しかしそういう悲哀もいいものです。
アンティークはそういうことも含めて楽しめるとより面白さを増します。

栄華を誇ったグランドセイコーは一旦お休みになります。



しかしその後しばらくして
1988年にクオーツのGSが、
1998年には機械式のGSが復活します。

そして57GS、44GS、62GSが復刻されたことで
当時のGS達にも注目が集まり、今なお輝きを失わずに存在しています。



bnr_gs_top


=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================

bnr_gs_top

こんばんは、タドコロです。

日差±2秒。月差にして±1分。
それをメーカーが2年保証する。


このことがどれだけ常識を外れているか、
機械式時計をお好きな方ならお分かりいただけるかと思います。

それを実現したのが『GS V.F.A.』です。
1_000000002569


::::::::::::::::::::::::::::::::


VFAは「Very Fine Adjusted」の略です。
日差2秒ですから、当然厳密な調整と検査がなされています。

発売されたのは1969年。

1stモデルの発売から9年が経ち、
この間に数多くのGSが開発されてきました。

時計を開発する上で9年という時間が長いのか短いのかは私には分かりませんが
他メーカーの動向と比べれば驚異的なスピードで
GSが進化を遂げ開発されてきたことは間違いありません。


グランドセイコーを語る上で
『クロノメーター』との関係性は切っても切れないものです。

「クロノメーター」表記を廃止し「GS」表記に変更になった経緯により
グランドセイコーは一段上のステージに進みました。

そしてセイコーが上位を占めた天文台でのクロノメーターコンクール。
それが突如休止になったという結果。

セイコーが一心不乱に目指していた「世界=クロノメーター」
それを現実のものとした時のクロノメーター協会の残念な対応。

そこには喜びとともに、失望もあったかもしれません。


「V.F.A.」はクロノメーターを遥かに凌ぐ精度を実現しました。

そこにクロノメーターに対する何らかの感情があったどうかは定かではありませんが、
ともあれセイコーはこの時、精度という点において明らかに「世界」を越えていました。


::::::::::::::::::::::::::::::::


世界を目指す過程で得て来たもの。
それを全て集約した時計が『V.F.A.』です。

こんな規格外の時計を発売した理由は
セイコーの技術力を世界へアピールするためという面が当然あったと思います。

もう一方で目を向けたいのがクォーツの存在です。

VFAが発売された1969年、
セイコーは世界初のクオーツ腕時計「アストロン」を発売しています。

月差5秒、年差1分というこの時計の登場は世界的ニュースとなり
間もなくスイス時計界に大打撃を与えることとなります。

時代はクオーツが主流となり、機械式時計は衰退していきました。

セイコー自身も機械式グランドセイコーの発売を1975年で終了しています。

V.F.A.を発売した時、実はもうセイコーは
「精度を追求するにはクオーツ。機械式時計でやれることは全てやりきった」
という風に考えていました。

クオーツの時代が来る前に
「機械式時計でやれること」の限界に挑戦したのがV.F.A.だったのです。

どこか幕末の侍のような悲哀を感じます。

しかし生真面目な日本人が精度を追求してきた結果、
辿り着いた答えがクオーツだったというのは
必然といえば必然の流れだったのかもしれません。


::::::::::::::::::::::::::::::::


VFAには、諏訪の自動巻『61GS V.F.A.』
亀戸の手巻『45GS V.F.A.』が存在します。

両工場ともVFAを作れる技術を持っていたところに
当時のセイコーの層の厚みを感じます。

「61GS V.F.A.」のムーブメントは通常のものとは異なり、
赤銅メッキが施されており6姿勢調整の刻印が入ります。
000000003857_3
裏ブタには余計な情報はなくスッキリしたものですが、
それが却って自信の表れのようにも感じます。

金無垢ケースやパラジウム合金のモデルも存在します。


「45GS V.F.A.」は天文台クロノーメーターに合格したものと
同じムーブメントが搭載しております。

通常よりも細かな仕上げと、6姿勢調整の刻印が入ります。

45GSはこれまた伝説の「天文台クロノメーター」の話があるので
その時に紹介したいと思います。



bnr_gs_top


=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================

bnr_gs_top


こんばんは、タドコロです。

初の自動巻ハイビートモデル61GSに続いて
初の手巻ハイビートモデル『45GS』が1968年発売されました。
1_000000004224
グランドセイコーとしては5代目。
亀戸製としては2代目となるこのモデル。

ベースムーブがなく専用機として新設計された亀戸の渾身作です。


:::::::::::::::::::::::::::::::


搭載されているcal.45系は亀戸として初の手巻ハイビート(10振動)モデル。
3_000000004224
亀戸伝統の両持ちテンプです。

諏訪がすでに手巻ハイビートモデルを作っていましたが
クラウンをベースとして改良したものでした。

それに対し亀戸は、クロノメーターコンクールで得た知識と技術を投入し
最初から明確なコンセプトで「手巻ハイビートモデル」を最善の形で作り上げました。

さすがに非常に完成度が高く、この時計をベースに
「VFA」や「天文台クロノメーター」という伝説の超高精度時計が生まれます。

セイコーの技術が円熟味を増し、
61GS同様いよいよ完成形に達したと言っても過言ではない傑作ムーブです。


::::::::::::::::::::::::::::::


デザイン面は61GSと同様、セイコースタイルを踏襲。
4_000000004224
61GSと45GSを並べるとほぼ同じ見た目で、
パッと見で判別するのはなかなかに困難です。

他にケースバリエーションとして、
八角ケースや金無垢ケースもあります。


販売価格は27000円。
同時期に発売されていた自動巻ハイビートの62GSが40000円だったことを考えると、
45GSはもう少し一般向け用の商品だったのかもしれません。
(それでもほぼ初任給と同額、という高級品なのですが)


3代目の62GS以降は
自動巻は諏訪が、手巻は亀戸が担当しました。

それがたまたまだったのか、機能や価格の面でGSの中でも差を作ったのか、
それぞれがスペシャリティとして開発を分担したのかは分かりませんが、
結果として「諏訪の自動巻61GS」「亀戸の手巻き45GS」の完成度を見ると
それぞれに役割分担がなされ、それを実際に形にできたのではないかと思います。




bnr_gs_top


=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================

bnr_gs_top


こんばんは、タドコロです。

本日紹介するのは
1968年に発売された『61GS』
1_000000004212
62GSに続いて発売されたこのモデルは、
国産初の自動巻ハイビートモデルでした。

この「ハイビート」モデルにもまた、
壮大なロマンが付いてまわるのです。


:::::::::::::::::::::::::::


国内の精度コンクールが終わり、
1964年からセイコーは戦いの舞台を世界に移し
ニューシャテル天文台でのクロノメーターコンクールに参加しました。

ここはメーカーの威厳がかかった真剣勝負の場。
車でいえばF1のようなものです。

当然各メーカーは最新の理論と、細心の技術を注ぎ込んだ
ムーブメントで勝負を挑みます。


1964年、コンクール初参加の年は惨敗でした。
せっかく調整したムーブが輸送途中に磁気帯びしてしまったそうです(笑)

翌1965年は輸送用に特殊ケースを作って臨みますが、
またしても入賞はできませんでした。

ここまでは、大きなテンプを採用して精度の向上を図っていましたが、
振動数が高い方が精度が出るということに気付き、
「振動数を上げて勝負をする」という方向転換を行いました。

そして1966年、結果は8位入賞。

これを受けてさらに研究を重ねた結果、
参加開始からわずか4年後1967年に2位を獲得するに至りました。
さらに4〜8位もセイコーが占めました。

さらっと書きましたが、100年以上続く本場スイスの時計産業に
戦後復興した日本の時計がここまでの結果を残すというのは大変なことです。
お家芸を奪われた屈辱とアジア人に負けた屈辱が、ないまぜになったことでしょう。

それを裏付けるかのように、この年のコンクール結果は公表されず、
参加メーカーに測定結果が書面で報されたのみでした。
そして翌年からコンクールは休止となってしまいました。


セイコーとしては残念だったでしょうが、
精度コンクールはもともと技術の向上を目的として開催されていたもの。
コンクールに参加することによってもの凄い進歩を遂げたことは事実です。

そこで得た技術と理論を実際に商品へフィードバックしていった結果
セイコーは確かな信頼と実績を重ねていきました。


::::::::::::::::::::::::::::::::


と、そんな流れからセイコーが得た一つの答え。
それが『ハイビート 36000振動』モデルです。
1_000000004212-1
当然精度を追求するGSにも採用されることになります。


しかし理論では良いと分かっていても商品として販売するには
実用性と耐久性が必要になります。

コンクールの時のように45日間だけ持ってくれれば良い
というわけにはいきません。

歯車やゼンマイなどの部品関係、
強いトルクを安定して供給するための巻上げ機構など、
実現に向けて改良すべき点はたくさんありましたが、
そこはさすが世界最大のマニュファクチュールブランド「SEIKO」
必要な部品をきちんと開発して、難しい難題を実現化させました。


かなりマニアックになるのでざっくりと割愛しましたが、
『61GS』は相当な技術と開発費が注ぎ込まれたはずです。

1968年当時の定価が40000円(大卒初任給が28500円ほど)
かなりの高級品です。


61GSはこの後発売される、
「VFA」や「スペシャル」と言った特別調整機の基礎ムーブとなります。

それだけ完成度の高い機械だったということが分かります。


::::::::::::::::::::::::::::::::


また61GSはケースデザインにおいても重要な意味合いを持っています。
それはセイコースタイルを確立したことです。
000000004212_1
44GSをさらに改良して生まれたこのデザインは
セイコースタイルとして現在にも受け継がれており、
グランドセイコーの哲学を確立したものです。


その一方で、時代のニーズが多様化したためか
角型ケースや槌打ちケースなど、同商品で複数のデザインバリエーションが用意されたのも
グランドセイコーでは初めてのことでした。


bnr_gs_top


=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================










bnr_gs_top

こんばんは、タドコロです。

今まで色々なGSを紹介してきましたが、
それら全てが手巻モデルだったことにお気付きになられたでしょうか。

本日紹介する『62GS』
1_000000002345
1967年に発売されたこのモデルの登場によって
初めてグランドセイコーに自動巻がラインナップされました。


しかしこの時計もまた、
発売までの経緯にちょっとした出来事があったモデルなのです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::


62GSの話をする前に、1966年に発売された
『62マチック クロノメーター』のことをお話しします。
000000004239_1
この時計は国産初の自動巻クロノメーターで、
カレンダー機構も付いた(曜日付きと日付のみの2種)実用性の高いモデルです。

当時の販売価格が
曜日付きで38000円、日付のみで35000円。
大卒初任給が24900円ほど。

57GSや44GSと比べても、
この62マチッククロノメーターの方が高価です。


セイコーがこの時計に、どれだけの力と期待を注いでいたかが伝わります。
 


だがしかし!




なんと発売直後に例の「クロノメーター表記問題」が発生します。

GS 2ndモデルと同様に、この「マチック クロノメーター」も
デザインやモデルを変えざるを得ない状況になってしまいました。

しかし、まだ発売して間もない頃だったので、
他の代替となる時計は存在しません。

しかしセイコーもこの時計には相当な自信があったはずですし、
このまま廃盤にしてしまうのはもったいないと思ったはず。

そこでセイコーは「マチック クロノメーター」をほぼそのままに
『62グランドセイコー』として、気分も新たに発売しました。(笑)

1_0000000042391_000000002345
変更点はダイヤルデザイン。(左がマチック 右がGS)
それと自動巻ローターの刻印が違うくらいです。



そんなこんなな62GSですが、
ブランディングの面から考えると、却って良かったのではないかと思います。

「その時計なんですか?」
「マチッククロノメーターといって、国産で初めての自動巻クロノメーターなんですよ」
「はぁ、そうですか」


より

「その時計なんですか?」
「62GSです。グランドセイコーで初めての自動巻モデルなんですよ」
「なんか、かっこいいですね」


というイメージが浮かぶのは私だけでしょうか。



GSと名乗るからには、当然クロノメーターより厳しい精度を要求されますが、
この時計はムーブに改良を加える必要もなく、
そのままでも充分にGS規格をクリアできるポテンシャルがありました。

そんな経緯からスムースにGSへと移行できたようです。


::::::::::::::::::::::::::::::::


また62GSはデザイン面にも特徴があります。
2_000000002184
ベゼルのないエッジが効いた厚みのあるケースデザインと、
効率の良い自動巻機構ゆえ、操作することの少ないリューズが
目立たない4時位置に設置されている点が特徴的です。

これは他のどのGSとも違うデザインです。

遠目にはマチックか62GSかは判別できませんが、
「まぁどちらかだな。どちらにしてもこだわってるな」
というのは伝わります。




62GS自体は1年あまりの製造されていましたが、
この後に登場する自動巻ハイビート61GSに後継の座を譲り
GSの歴史から姿を消す事になりました。




bnr_gs_top


=========================================================

SWEETROAD
〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町2-21 シノックスプラザ1F
Tel:044-544-8177
map

e-mail:sweet@sweetroad.com
自社サイト:www.sweetroad.com
facebook:最速情報はコチラから[www.facebook.com/sweetroad.co.ltd]
instagram:雰囲気の良い写真たくさん載ってます[instagram.com/sweetroad1993/]

=========================================================
お支払い方法、送料などについて
ページトップへ